西宮市の児童発達支援・放課後等デイサービス NOTREAVENIR

西宮市の児童発達支援・放課後等デイサービス NOTREAVENIR 神戸市の児童発達支援・放課後等デイサービス ノートルアヴェニール

INFORMATION

お知らせ

私たちについて

2020.3.31お知らせ

繰り返してのお願い・感染予防について

契約時にもお願いしていますが、少しでも上気道症状のあるお子様は療育を受ける事ができません。

 

これだけ明記しウェブ上でも告知しているにもかかわらず、明らかに咳や鼻水の症状があるお子様を

「何も症状はない。」

と虚偽申告してまで連れて来られる保護者様がおられます。

 

(子どもは正直です。・・・家でも咳が出ていたのにお母さんがウソを言った、セキがでているからマスクしてるんだよ、お母さんはこれからおでかけに行くって・・・。)

 

迎えに到着されてからは謝ることもせず、相当不満な顔で言い訳もろもろを言われていましたが、

「これは、ご自分のお子様のことだけではありませんので。」

と言ってすぐに帰って頂きました。

 

子どもには

「ごめんね。〇〇さんのせいじゃないよ。大丈夫だからね。」

と言って我々は謝りましたが、とても可哀相でした。

 

こういった例は残念ながら後を絶ちません。

 

自分だけが良ければいいというような行動は、恥ずかしく思って下さい。

 

人として、親として。

 

自分がうつらないように、だけでなく、人にうつさないように

と考えて下さい。

 

それとも、自分の子どもが上気道症状があるかどうかすらも、親としてわからないのでしょうか?

 

 

園内の感染症対策も、いつもは職員がイヤな顔をするほどしつこくしつこく徹底的にやっています。

これまでは、私のしつこすぎる指導にシブシブ顔であった職員たちも、コロナが本格化し志村けんさんが亡くなったことをきっかけに、ようやく本気で指導に耳を傾け自分たちから積極的に考え発言してくれるようになりました。

「本当に目が覚めたような思いです。感染が本当に怖いんだとようやくわかりました。」

今日の終わりのミーティングでの職員たちの言葉です。

 

「遅いわ。今までも何年もずっとずっと言ってたよ、私。今まで注意しても何かいつも面倒臭そうなイヤな顔してたやん。」
と私。

「社長、本当にゴメン!!言うことは聞いてたし解ってたつもりだったけど、どこか人ごとっていうか、響いてなかったんよね・・・。自分にも関係があることなんだって。本当にようやく目が覚めた。」

と職員たち。

 

そんなものなのかもしれません。

 

コロナ感染だけでなく、全ての感染症は人ごとではありません!

 

自分だけ良ければいい、自分の都合が優先・・・というような考えは恥ずべきことです。

それを注意されても逆に不満タラタラなんて、人の親とは思えない蛮行です

 

こんなさなかに楽しくお出かけですか?

自分等が感染するのは勝手ですよ。
好きにしてくれたらいいと思います。

ただし、そういう無自覚なあなたは今日誰かを殺したのかもしれません。

そこを自覚すべきです。

 


ましてや、ノートルの子どもたちを平気で危険に曝すようなことは絶対に許されることではないです。

 

 

今一度、よく考えて行動して頂きたいと思います。

 

 

Scroll Up