西宮市の児童発達支援・放課後等デイサービス NOTREAVENIR

西宮市の児童発達支援・放課後等デイサービス NOTREAVENIR 神戸市の児童発達支援・放課後等デイサービス ノートルアヴェニール

ノートル・アヴェニールとは

集団療育

私たちについて

子供たちは成長や環境の変化に伴ってとても変化しやすいといった特徴があります。
その変化に鋭敏に反応しきめ細かく対応するために、我々は3か月ごとに全体カンファレンスを開き、個別療育・集団療育ともに療育計画の立て直しを行っています。
日々の生活でも毎日その日の子供たちの様子や療育の成果を個別に記録し指導員同士ディスカッションを行ないます。

集団療育

個別療育とは違って心機一転、皆と一緒に伸び伸びと心から楽しむ療育です。
指導者が子供たちの間に均等に入ることで、程よい距離感を保ちお互いにコミュニケーションをとりながら療育が進められます。

集団療育
お子様の成長に合わせた支援・療育を行います
たまには「自分が先に演奏したい!」や「この楽器を自分が使いたいのに!」などと多少のいさかいが起こることがありますが、これも勉強のうちです。

“ 譲り合う ”、“ 順番を守るために今を我慢する” など、社会生活では必要なことです。決まりを守らない子どもが他の子どもたちに注意をされるなど小規模模擬社会が生まれ、子供たちの中で自然に規律を学んでゆきます。

集団療育の療育項目
音楽療法リトミック
読解クラブ
美術
料理教室(Little Chef)
お金の計算の勉強
プログラミング
  • 音楽療法・リトミック

    音楽療法・リトミック自分の好みの楽器を選択し、指導員の生演奏のリズムに合わせて演奏します。
    子供たちは皆最初はおそるおそるなのですが、一旦慣れると自分独自の演奏をしようと懸命に頑張ります。

    日頃の鬱屈を吹き飛ばすようにボンゴやジャンベやカホンを打ち鳴らしすっきりしたあとは、皆で協力して音階を確認しながらハンドベルの合奏をするなどの少し難しい課題に取り組みます。
    また、音楽に合わせて思い思いに全身を動かすリズム運動では最初は恥ずかしがっていた子供も次第に自分独自の振り付けを考えるなど人前でやることに抵抗を感じなくなり活き活きと授業を楽しみます。

    普段学校で消極的になって体育などに参加出来ないお子様でも無理なく楽しんでご参加頂けます。

  • 読解クラブ

    読解クラブ"クラブ"という名の通り、長文・短文の読解問題をツールに、楽しみながらTPOをわきまえた行動や一つの題材に関しての発言の仕方などを学んで行きます。読解問題を考えているという空気を感じさせないほどに子どもたちは笑顔で自信をもって参加しています。学年に関係なく学力に差がないお子様の組み合わせで行ないますのでご安心下さい。

    但し、他者との距離感や干渉に未熟さが目立つお子様は先ずは個別指導でのトレーニングとなります。

  • 美術

    美術作品集やギャラリーに子供たちの実際の作品例を載せています。非常に季節感のある作品ばかりではないでしょうか。
    どうしても子供の作品となるとせっかく頑張って作っても後々家に飾りにくいものが殆どであると思いますが、プロの講師が指導することによって非常に完成度が高いものとなり売っているものと見劣りのしない作品になっております。

    素材を少し工夫したりちょっとした基礎をおさえるだけで自宅の玄関やリビングに飾って大人も楽しめる作品となっております。
    子供たちは親御さんにその出来を褒められ、家に飾ってもらえることにとても誇らしげで嬉しい様子です。

  • 料理教室(Little Chef)

    料理教室(Little Chef)当園には十分なキッチン施設がありますので、簡単なお菓子作りから始まり食の教育も行なっています。
    長い人生において食を楽しむ心を身につけると随分彩りのある生活が出来ると考えています。
    卵をとき小麦粉をこね形をつくりオーブンからただよう甘い香りを胸いっぱいに吸い込む・・・人生の至福の時ではないでしょうか?

    香りは一番古い記憶となっていつまでも残り、子供時代の思い出としていつまでも心に幸せを残します。
    料理を技能として考えるだけでなく、そういった側面からもとらえた上で子供たちに療育の一環として提供しています。

  • お金の計算の勉強

    お金の計算の勉強社会に出て必ず必要になるのがお金の計算です。当園独自のシートを利用して実際のお金の出し方を練習します。

    また、仮想場面を設定した上で電卓を使って数字としてのお金を理解出来るようにします。将来、お金を誤魔化されたり騙し取られたりしないようにするためにも非常に大事なことです。

  • プログラミングの勉強

    プログラミングの勉強パソコンを使用して小集団でのプログラミング療育を行います。
    教材は、世界50ヶ国以上で使用されているPartner X社のプログラミングロボット「Krypton6」を使用します。
    ロボットコンテスト世界大会(WER)で入賞できる知識・スキルの習得を目指すことができる教材です。
    自分の力で考え楽しみ、夢中になれる集中力と「できる!」という自信につながります。ロボットプログラミングロボットプログラミング

Scroll Up